日本WEBセレブ協会理事長白川かおりについて

更新日:

白川かおりさんの今のお仕事はどんなお仕事ですか?

白川かおり

 

女性起業家のためのWeb コンサルという職業
一般社団法人日本 Webセレブ協会の代表理事をしております。

それとリザーブストックという、
集客システムの本の著者です。

リザーブストック 

 

念願だった女性起業家のためのIT起業塾を始めました
↓↓
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/1436

 

今のお仕事を始めるきっかけはどんなものですか?

 

私は2003年の XP が出た頃に
パソコンのインストラクターになりました。

それまでは
今もそうなんですが文字をかくのがすごく苦手でした

自分では汚い文字を書くというコンプレックスがあり
どうやったら書かないで済むかなというところからパソコン極めることができるようになりました。


印刷ができるようになり
ワープロが出た時に
「わっ!これは便利だな」と思い身震いしたことを覚えています。

 

これからどうやって書かないでいられるか
ということを考えていたらパソコンが上達しました 。

パソコンが上達したのはいいのですが
誰かに教えたくなり、当時の職場仲間に教えたら

嫌な顔をされました
そもそもパソコンが早くできるようになると

仕事が増えるため
効率は求めていないと言われました。

そこで一大決心しまして
自宅パソコン教室を開業したいと思いました。

 

自宅パソコン教室を始める

 

今は港区のお台場という所に住んでいます。
開業当時は宮城県の仙台市 自宅2階の6畳間からスタートしました。
かっこよく言うと自宅サロンというような形でした。

 

来られる人はどんな人が多かったですか?

 

マーケティングに失敗しまして
近所のおじいちゃんとかおばあちゃんが来てくださいました。

子供のお友達のママとかも来て頂きました。

 

マーケテイングに失敗

 

ホームページを立ち上げたら、わんさかお客さんが来てくれると思っていたのです。

張り切ってホームページを立ち上げたんですけど、まったく反応がありませんでした
お問い合わせも申込みもまったくありませんでした

私の生徒さんはパソコンが苦手なんですよ (苦笑)検索するまでいかない。
ということに気付いたんです。マーケティング全く失敗です。

 

失敗は成功の元?

 

ある日ポストを見たら ちらしを発見!!
そっか「ちらし」この手があると思い、 チラシを作ってポスティングをしました 。

でも私は動くのが嫌なので 
ポストにメッセージを書きました

誰かポスティングして下さいとお願いをして 。
そしたらすごい安い金額で近所を ポスティングしてくれたんです。

 

チラシをみた方から連絡が続々はいりました。

 

そこでうまくいった経験は自分にどんな学びをもたらしてくれましたか ?

 

お客さんが悩んでいることではなくて
自分ができることをチラシにまとめました。

お恥ずかしいのですが

当時の私はお客様が何を悩んでいるとか
ターゲット設定などまったく無知でした。

自分ができることを書いたつもりだったのですが
「お客様はチラシを読まない!!」

ということがわかりました。

パソコン苦手さんなため
エクセルやワードでできる事を書いても
ピンとこないみたいでした

でも
嬉しかった事があります。

パソコン操作をしながら
悩み相談をしてくれる方もいました。

 

でも結構スキルが高い私のつもりでいたのです
エクセルのマクロとか誰も習ってくれなくて・・・

ちょっと悲しかったです。

 

自宅サロンは自宅に知らない人が来るから怖いっておっしゃる方が多いんですが、かおりさんはどう考えていました ?

 

すごい怖かったです 。
ですので当時私は 家庭内別居のような感じで元旦那と暮らしていました。

元旦那が家にいた時もあったのですが
朝帰りとかね。 帰って来なくなったっていう時もあり

息子にお願いして
息子がいる時間に男性のお客様は来てもらいました 。

玄関に旦那の靴を置いたりして工夫をしていました。

 

そこからの変化はどうだったんですか?

 

正直、パソコン教室だけではご飯が食べれませんでした。

だんだん記憶力がなくなっていく
という悩みがありました。

パソコン教室がどんどん潰れる時代でした。

パソコンだけではなくて求めているものが ISDN から ADSL そして光になったりとか 。
このネットの接続の知識がさっぱりわからなくて途方に暮れていました。

エクセルやワードの知識だけでは
パソコン教室はできないのです。

そうだ!
コールセンターに勤めよう!
生活費もかつかつだったため

電話のオペレーターをしながら稼ぎ
お金をいただいてスキルを磨く事が効率がいいと思ったのです

パソコン教室やりながら
結構要領よくできました。

オペレータの仕事は
お話することと、情報を入力するという仕事でした。

効率重視の私は早く情報を入力するために
単語登録をセットすることで

できるだけ打たないで済ませる事をしていたら
優秀な人材になったのです。

普通のオペレーターの1/10の速さで入力したため
成績優秀でした (笑)

公立高校のHPを作る!!

 

ホームページを教えられる人になりたいな って思っていました。
 「私がもっと質の高い仕事をしたい」と言ったら、当時受講してくださった生徒さんがHPのお仕事を紹介してくれました。

やっぱりキーパーソンは人だなと思いました。

公立の学校でホームページを作る人を募集しているのがあるから ちょっと行ってみたらと言ってくれました。

あんまり知識はなかったのですが
3つの公立学校のホームページを作るお仕事を頂きました。

 

公立高校のホームページを3つ作った評価はどうでした?

 

それなりに良かったです。
 先生たちの中に構想がありそれを形にするだけでした。

ビジョンや理念はもともと学校にあるため
何をやりたいのかが明確でした。

写真なども素材もたくさんありすごいいいものが出来上がりました。

逆に学校でホームページを作っていたんだということの 評価が今後の私の評価にもつながりました。

仙台で誰もが知っているナンバースクールの高校でした。

 

それまでは、事務の派遣とパソコン教室の先生でしたが

気が付くと「ネットワーク管理者」という肩書になっていました。

 私立の中学校、高等学校で 。パソコンが300台ぐらいある学校でネットワーク管理者 。
派遣なんですけど仕事につくことができるようになりました 。

 

そこからどうなっていったんですか?

 

ネットワーク管理者のお仕事はとても充実していました。

しかし定年という言葉に不安を感じていました。

派遣って退職金がないんのです

時給の生活。

ネットワーク管理の派遣は
とても充実していました天職みたいな感じでした。

でも60歳になったら定年になります。

そのあと
どうやってご飯を食べて行くんだろうって思っていました

パソコン教室のその先
何か考えなくてはと思っていました。

パソコンを教える仕事は長くは続かない

違うなにか私にできる事はあるのではないかしら
でもまったくわかりませんでした。

あるとき私の言葉の汚さに気づいたのです。

人が怖いところがありました
誰を信じたらよいのかがわからない時代がありました。

その頃です
私の運命を変えた

「鏡の法則」に出会ったのです。

言葉通りの現実が起こっている事に気づき始めました

もっと鏡の世界を知りたいと思い、仙台で鏡の法則講座などを探したのですが
見つけられなかったのです

 

イライラしている時に
思いついたのです。

情報サイトを作ったら
私と同じように講座を探している人は嬉しくなるのではないかと考えるようになりました。

 

仙台の情報サイト「仙台セミナーズ」を作りました。

続く・・・・・ 

 

 

-女性起業家

Copyright© 女性起業家「一生涯働くITスキルを作り最高の人生をいきる」 , 2020 All Rights Reserved.